ザ・エンブル七間町
都心再開発エリアの未来を牽引する地上27階建の超高層・免震タワーレジデンス。
THE EMBL SHICHIKENCHO
  • Outline
  • Access Map
  • 資料請求
  • 来場予約
  • トップ
  • コンセプト
  • 再開発
  • ロケーション
  • デザイン
  • 間取り
  • モデルルーム
  • 構造・防災
  • 設備・仕様
メインビジュアル
免震構造イメージ図
  • 構造 STRUCTURE
  • 防災 SAFETY
  • セキュリティ SECURITY
STRUCTURE

先進の技術を採用した建物構造が、ご家族を支え守ります。

地震に強い免震構造

地震の際も建物の構造体や室内の損傷を軽減する免震構造を採用しました。積層ゴム支承とオイルダンパーを組み合わせて急激な揺れを緩和。高層階での揺れ幅も抑制します。建物と基礎間に減衰機能や荷重を支える機能に優れた高減衰ゴム系積層ゴム支承と、安定した復元力を有する天然ゴム系積層ゴム支承を配置。鋼板とゴムを交互に積み上げた装置が水平方向の揺れを吸収し、建物の揺れを緩和します。オイルダンパーは作動速度に応じた減衰力を発揮します。二重シリンダー内部に封入したオイルが揺れに対して押し戻す方向の抵抗力を生み出し、地震の震動を減衰させます。また免震構造を採用したことにより建物と基礎の間の配管にも追従性や復元性、対衝撃性などが求められため、これらに対応した免震継手を位置や形状等に合わせて採用しています。

住宅性能表示制度

国土交通大臣指定の第三者機関が一定の基準に従って評価を実施。建物の性能について数値化して客観的な視点で比較できるため、信頼のおける証明書となっています。

直接基礎

建設地は地盤沈下や液状化の可能性の少ない良好な地盤上にあります。そのため杭を必要とすることなく堅固な支持層に直接コンクリート基礎を打設する工法で建物を強固に支えます。

二重床

二重天井

コンクリートスラブにクッションゴム付き支持脚を立て、その上に床材を設置した二重床。また天井はスラブと天井材の間にスペースを設けた二重天井。電気配線や給・排水管などをスラブに打ち込まないため、メンテナンスやリフォームに柔軟に対応できます。又、二重床・フローリングには△LL(Ⅱ)-3及び△LH(Ⅱ)-2の高い遮音性能を誇る製品を採用しています。

かぶり厚

鉄筋の酸化を防ぐため、鉄筋を覆うコンクリートの厚さ(かぶり厚)を大きくしました。建築基準法の基準値に対し、約10mm厚くし、鉄筋の錆から来るコンクリートの剥落を防ぎ、建物の耐久性を高めます。

水セメント比

コンクリートの乾燥・収縮・ひび割れや中性化を防ぎ、良質なコンクリートを構築するために、水セメント比を55%以下にし、耐久性を向上させています。

防音対策

サッシは、防音性能の優れた遮音等級T-2のサッシを採用。外部の騒音が70db(デシベル)(大声での会話や交通量の多い道路など)であれば、40db(デシベル)(畳のすり足程度)まで抑えられ、静かさと落ち着いた暮らしを守ります。

高強度コンクリート

コンクリート強度は30~54ニュートン(30N/㎟~54N/㎟)を確保。これは1㎡で3,000~5,400tの圧力に耐えられるものです。

  • 構造 STRUCTURE
  • 防災 SAFETY
  • セキュリティ SECURITY

※参考写真・参考イラスト・概念図は実際とは多少異なります。

資料請求 request 来場予約 reserve
Page Top